シャンティ

平安でありますように

電磁波防止器を買ってみた

  1. 2016/12/13(火) 15:04:15_
  2. diary
「薬を辞めると病気は治る」という著者であり、世界的な免疫学者の、
新潟大学名誉教授、安保徹氏が、12月6日に突然死されたそうだ。
安保徹オフィシャルブログ

とても素晴らしいお人柄で、講演など聴いていても飽きさせない話術。
ファンも多い。
この先生の話を聴いて、ガンを恐れることなく向き合った方もきっと多いはず。

ところがこんなに世の中のためになる名誉教授が突然死されたというのに、
検索をかけても訃報以外の詳細がどこにも出てこないという。

安保先生は以前の講演会で、
「ここだけの話、皆さんだけに言っちゃうんだけっども、わだす狙われてるんですわ。
研究室は何度も荒らされてるし もし、突然死ぬようなことがあっだらば殺されたんだと思ってねー!」
こんな話を冗談半分でされていたとか。

この件でこちらのブログで書かれていたことと合わせて、気になっている。
2014-09-09 03:40:54
 「どこのマスコミも報じない(報ステ・岩路記者の自殺)を取り上げた「FLASH」の突然の発売中止!」

安保先生はこんな方。

『免疫革命!はじめてがんの原因が分かった!』




 



✽~✽~✽

電磁波には、発ガン性の可能性、腎臓に与える影響、白内障や、
脳腫瘍などの脳への悪い影響もあることが知られている。
携帯電話、パソコン、レンジ、様々な電化製品・・・  電磁波が発せられていると知りながらも、
目には見えないことから、ついつい安易に考えがちだ。

しかし海外ではこうした電磁波防護のための規制が法的になされているところも多い。
アメリカなどの特定の州では、送電線から400m以内に学校などの施設を建設できなかったり
スウェーデンなどは、小学校や幼稚園近辺の鉄塔撤去や移転、
また住宅密集地近くの送電線などは撤去させるらしい。

一方日本はどうか。
鉄塔の傍に家屋があるのも珍しくない。
超低周波の磁界の強さの規制もなく、これは先進国でめずらしいらしい。

知人からの情報によると、高圧送電線の傍は家屋の値段が安いと言って、
その家に移り住んだご夫婦は、気づけばふたりともガンでお亡くなりになったという。

夏場は湿度も高いので、大気中にはイオンが多くなって自然放電がしやすいが、
冬場は空気も乾燥し、身体に帯びる電気が放電されにくい。
静電気が身体に溜まると、マイナスイオンが減りプラスイオンが増えている状態。
血液は酸化し血がドロドロになりやすく、活性酸素も増える。ということらしい。

そう言えばストッキングなどは化繊素材。毎日必須という方は注意が必要だ。
たくさんの静電気、つまりプラスイオン=破壊核を発生させやすく、身体からマイナスイオンを奪う。
大事なエネルギ-を奪う訳で、身体を酸化させ尚且つ、機能の低下につながりやすいそうだ。
免疫が低下すると、冷え性、便秘、子宮筋腫や子宮がんなどへの影響も関連があるのかもしれない。

がんの発生を促進するフリーラジカルとはより引用

1.フリーラジカルとは何か?
この世の全ての物質は全て原子からできています。
原子というのは物質を構成する最小の単位で、
原子核を中心にその周りを電気的に負(マイナス)に帯電した電子が回っているという形で現されます。

通常、電子は一つの軌道に2個づつ対をなして収容されますが、
原子の種類によっては一つの軌道に電子が一個しか存在しないことがあります。
このような「不対電子」を持つ原子または分子をフリーラジカル(遊離活性基)と定義しています。
フリーは英語で「自由な」、ラジカルは「過激な」という意味で、フリーラジカルは自由な過激分子ということになります。

本来、電子は軌道で対をなっている時がエネルギー的に最も安定した状態になります。
そのためにフリーラジカルは一般的には不安定で、他の分子から電子を取って自分は安定になろうとします。
フリーラジカルとは、
「不対電子をもっているために、他の分子から電子を奪い取る力が高まっている原子や分子」と定義できます。


ある原子や分子から電子が一個なくなると、その物質は「酸化」されたといいます。
逆に電子を一個もらうとその物質は「還元」されたといいます。

フリーラジカルは他の原子や分子と反応して、相手から電子を奪い取ります。
つまり、相手の物質を酸化する力が強い分子なのです。

フリーラジカルの代表は活性酸素です。
私たちが呼吸によって取り込んだ酸素がエネルギーを産生する過程で
スーパーオキシド・ラジカルという活性酸素が発生します。 <引用ここまで>



内部被曝からガンやその他の病気になるメカニズムより引用

酸化 = プラスイオン
還元 = マイナスイオン

プラスイオンが身体の中に入ると電子を奪って体液を酸化(さびる)させます。
マイナスイオンが身体に入ると酸化したものを還元し、生命を根本から強化することができるのです。

放射線障害による典型的な症状として、白内障があります。
これなども、身体が徐々にに酸化したことによって発症する訳ですが、
他の白内障になった例で、非常に興味深い一例があります。

カミナリに打たれて、一瞬にして白内障になったそうです。
つまり、カミナリによって、体内のマイナスイオンの多くが一瞬にして奪われ、
身体が一挙に酸化したと考えられる訳です。白内障の大元の本質は、恐らく、そういうことだろうと思います。

カミナリの素は、静電気です。
静電気が体にたまると、マイナスイオンが減り、プラスイオンが増えるため、
血液が酸性に傾いて血がドロドロになりやすく、活性酸素も増えてしまいます。
化学合成繊維のパンストも ↓ 常時、静電気を発生させています。 <引用ここまで>

✽~✽

気になる情報を記してみた。
調べれば調べるほど、やはり電磁波の悪影響は気になる。
近年の神経性疾患の増加も、異常である。
訳の分からない、原因が特定できない、まさに異常な様相が世の中には蔓延している。
これって、電磁波の影響も相当あるんじゃないの? なんて私は思う。

実は先日注文した電磁波防止器が、たまたまこのタイミングで今、届いた。
注文したのは、こちらの商品。 
ずっと気になっていて、色々調べていたら、信頼のおける知人から紹介され、お願いすることにした。

購入したのはニットマットタイプで、
シングル布団サイズのタイプ2枚と リビングの一部 2畳用と、
カットしてパソコンやレンジ、ミシン等々家電に敷ける、シングルサイズ1枚、 合計5畳分。
それにプラグイン2台。 全部合わせても7万ちょっと。 

 色々調べてもいいな~と思うものは数十万とかするし、
移動が簡単だったり大きさを自宅用に変えてカットできる機能性など考えると、かなりお得感がある。
しばらく使ってみたら感想なども書いてみよう。

DSCF9683 (640x480)
テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪    ジャンル : 日記



蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)

美しき緑の星

最新記事

QRコード

QR

検索フォーム

カテゴリ

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -