シャンティ

平安でありますように

アレンジソーイング

  1. 2016/12/21(水) 14:38:25_
  2. diary
気付けば、気持ちはソーイングに向いて、相変わらずあれこれ作っている。
先日つくったロングベストがあまり着やすいので、普段用につくってみた。
前を合わせて丈を短くしてみたら、こうなった。 生地は綿と麻の混紡。
DSCF9635 (480x640) DSCF9674 (480x640)
DSCF9676 (640x480)  DSCF9678 (640x480)

その後、麻のエプロン、ガウン、ワンピースができた。


 


✽~✽~✽

DSCF9681 (480x640) DSCF9682 (640x480)

エプロンは毎日使うものだから、着心地のいい麻の生地を身につけたいと思い、
気に入った生地でつくってみた。
実際着てみたら、無茶苦茶気持ちがよい。
写真も撮るのを忘れて着始めたので、すでにもう、形が・・・(;´・ω・)

ちょっと面白くなって、生地もユザワヤの他にないかな~と調べたら、日暮里に繊維街があると知った。
折しもその日は日暮里の先の田端に行く日だ。ベストタイミングの計らいにビックリ。
しかも夫は夕飯は外食という。 

道が開くように万事が整う。
大きな袋を2つもって、田端の帰りにいざ、繊維街へ。
とんでもない数の生地屋さんが、あるわ、あるわ(@_@) 
私のような一般のお客さんもいるけど、要は専門職の方々が来られて
生地を仕入れていくところだと、行ってみて初めて知った。

なので生地だけではなく、洋裁全般にわたって必要な装飾から用具から何でもあるし、
生地においては限りなくあって、ここは朝から夜まで裕に時間をかけて歩き回りたい処だった。
その日、2時間見て廻ったが、全然時間が足りなかった。

それでも使ってみたい生地をとりあえず買って、また改めて行くことにし帰ってきた。
生地をみて、つくってみたいと思ったのがガウン。
ネルの生地で、これから冬に重宝しそう。
DSCF9691 (480x640)

↓は肩のライン、 →は袖口とポケットの位置。
DSCF9689 (480x640) (480x640) DSCF9685 (640x480)

襟元の写真を撮り忘れたが、生地を4㎝幅の太いバイアスをつくるように切って、
着物とか浴衣の衿のように、前あき部分から襟元そして反対の前あきまでぐるりと当て布を縫い付けてみた。
温かいのなんのって…

これで気をよくして、長袖のチュニックをつくってみることに。
ところが型紙は夏用の襟元が大きく空いたものしかない。

襟元が詰まったもの・・・と言えばコート。この型紙の前あきの部分を合わせ・・・襟をなくし・・・
そうすると前あきでないため頭が入らないので、襟ぐりの前部分に少しだけスリットを入れ・・・
頭が入るように型紙を作り直してみた(^_-)-☆

DSCF9694 (640x480) DSCF9693 (640x480)

白のラインが、ウエストから下に、そして袖もラインが先の位置に来るように型紙を置いて
生地に無駄が出ないようにしたら、案外いい感じになったので、大満足。
生地はニットなので、脱ぎ着が楽だ。
襟の無い首元から肩、袖のラインはコートの型紙を写したので
結果、ラフなチュニックというよりは、割と身体に沿ったワンピースっぽくできた。

DSCF9695 (480x640) DSCF9697 (480x640)

手持ちの白いベストと合わすといい感じなので、来週の忘年会にはこうして着ていこう(^^♪

はじめは型紙通りじゃないとつくれなかったのに、つくりはじめると欲がでてきて、あれこれイメージが湧く。
でもつくりたい洋服の型紙がなく、その都度買ってばかりいられない。
1冊の本の折り込みに付いている他の洋服の型紙を適当にアレンジして、
自分の作りたい形の型紙をつくってみたことで、ソーイングの幅が、ぐ~んと広がった。
何でも実際にやってみることで、その先が生まれてくるんだね。

それにしても、端切れがたくさんできたので、来年は端切れを何とか形にしていこうと思う。
作りたいものの構想が次々出来てくるので、引き続きやっていこう☆



テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪    ジャンル : 日記



蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)

美しき緑の星

最新記事

QRコード

QR

検索フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -