シャンティ

平安でありますように

トールホワイト

  1. 2017/01/01(日) 11:48:13_
  2. diary
新年が明けた。

今年はどんな年になるのか。

夕べ遅くに書いていた日記は日付が変わる寸前でフリーズしてしまい、
復元できないまま消えてしまった(*_*;
よくある。うんうん。

それに昨年から、以前のようにはパソコンに向かうことをしなくなったせいか、
メモしたものの、タイミングが合わず載せなかった記事がけっこうある。
あれもこれもと思うから、伸び伸びになっちゃって、結局時間が足りなくて、
おまけに消えちゃったりして。
なんか、効率悪い繰り返ししてた。
これからは、ちょぴっとでも途中でも、アップする練習をしなきゃ。

新年早々にそぐわない、しかも少し古くなったニュースだけど、
今日はその中の不思議ものだけ整理して、ここに移していこう。
とりあえず、お~まいがっのメモを。 


 

~✽~✽

詳しいことはそれぞれ元記事で確認を。

In Deepさん
太陽周辺に出現した「太陽より大きなもの」。
そして、十字が空に浮かんだニューメキシコ州近くに現れた完全なUFO雲…たちは
偶然なのか、それとも示唆的なのか
2016/02/24  より

nasa-stereo-0214b.jpg


✽~✽

ゲルな夢日記さん
太陽の後ろに謎の天体?   2016-03-28 より転載

2016年3月24日 00時12分
日本の太陽観測衛星の画像に太陽ではない物体が写り込んでいた。
t02200181_0412033913604105532.png

太陽の後ろにもう一つ天体がある。
太陽を挟んで、地球から見て反対側に「ネメシス」が既に存在しているのだろうか。
それとも、衛星機器の誤作動によるゴーストなのか?

地球上から、太陽が二つ見える時があるという報告もあり、今になって誤作動というのもおかしな話だ。
以前、ある霊能者は、太陽は二つあるが一つは見えていないと言っていたことを思い出す。

霊的な太陽が姿を現したのだろうか?   =転載ここまで=


✽~✽

2019年から来たタイムトラベラー?
閉店後の店のドアをすり抜けていった男性の映像が監視カメラにとらえられていた!


2016年1月30日深夜0時46分、
一人の黒っぽいパーカーを着た男性がやってきて、ガラス製のドアをすり抜けていった



✽~✽

昨年の3月25日21時33分東京上空に、
宇宙現象観測所の「自動観測撮影装置ロボットSID-1」が捉えたという
連続した直線状の白く輝く光のUFO。

1000.jpg

拡大したものがこちら。
1001.jpg

2001年4月にスペースシャトル・エンデバーが飛行中、乗組員が撮影した地球の画像に
偶然写っていたとされるものと似ている。
撮影されたのは北アフリカ、エジプト上空。
1002.jpg




✽~✽

メキシコ・テオティワカン遺跡のピラミッドの前にいた、足が湾曲したトールホワイトが
グーグルアースに偶然映っていたそうだ。

1003.jpg

1004.jpg

トカナさん
ピラミッドにたたずむ「トールホワイト」 より引用

これは、グーグルアースが偶然とらえた「トールホワイト」と思われる生物である。
場所は、メキシコ・テオティワカン遺跡のピラミッドのようだ。
現在はすでに、グーグルアースから削除されてしまっているため詳細は不明であるが、
ウェアリング氏がキャプチャー画像を残していた。

 白い肌に、美しいブロンドの髪は噂どおりの容姿であるといえるだろう。
しかし注目すべきは、後方にせり出した脚だ。まるで鹿の後ろ足のように折れ曲がった脚部が、
この生物が人間でないことを示している。

ウェアリング氏によると、この女性型の「トールホワイト」は、400歳未満の“若い”個体であるそうだ。
すでに人間の成人男性を上回る身長に見えるが、
400歳を越えると、さらに1メートルほど成長するというのだから恐ろしい。
またトールホワイトはメキシコ以外に、2009年イギリスの地元警察官が目撃したという情報もある。

=引用ここまで=


シャンティ・フーラの竹下雅敏氏が言うには、
トールホワイト(背の高い白いエイリアン)、は、
火星人と地球の羊の遺伝子操作によって作られた種で、宇宙人ではないという。

さらに火星人とトールホワイトの遺伝子から作られたのがラージノーズ・グレイで、
さらに火星人とラージノーズ・グレイの遺伝子を掛け合わせて作られたのが、リトル・グレイだと。
一般には宇宙人というとリトル・グレイをイメージする人が多いと思うが、
彼らは宇宙人ではなく、宇宙人によって遺伝子操作によって作られた種であって、
当の火星人は彼らを家畜と見なしているという。




エドワード・スノーデン氏(NSA /アメリカ国家安全保障局)の内部告発により漏洩した文書では、
アメリカは、背の高い白いエイリアンにコントロールされているということを明らかにした。
そしてまたこのエイリアンは 1930年代のナチスドイツとも関係があるという。

In Deepさんの記事から引用

ロシアで亡命生活中のスノーデンは、
「トールホワイト(Tall White / 背の高い白いエイリアンの意)は地球に到着した後、
1930年代にナチスドイツの先進的な潜水艦の艦隊を構築する手助けをした。

その後、1954年にアメリカのドワイト・アイゼンハワー大統領大統領が、
トールホワイトと会い、現在に続くアメリカを支配する《秘密の政権》が設立された」
とリークしたというものだ。

そして、ニュースは以下のように続く。

「最も不安なことは、このロシア連邦保安庁の報告書は、
米国を支配している《秘密の政権》のトールホワイトは、全世界的な電子監視システムの構築を求めており、
それにより自分たちの真実の存在を隠してしまおうとしている。
それは、彼らの世界征服のための最終段階だとスノーデンの文書が述べていることだ」。

さらに、

「一方、アメリカ政府はオバマ大統領との激しい闘争に巻き込まれている。
オバマ大統領は、エイリアンの影の政府を主導しており、
そして、そのアメリカ=エイリアン同盟に反対する未知の勢力がある。

ロシア当局者たちが最も懸念していることは、
ロシア連邦保安庁の報告書が結論として、
この『トールホワイト』たちに対抗する秘密勢力が、
別の地球外生命の力と結託し、オバマ大統領に対抗しようと団結していることである」

と記されている。

=引用ここまで=


今年もこうした不明瞭なままの情報が益々連発されてくるのだろうな。

そろそろ終わりにしなくちゃ。
最後に昨年5月にインドで起きた不思議、ポータルのような雲とUFOの動き。






テーマ : 日々のつぶやき    ジャンル : 日記



蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)

美しき緑の星

最新記事

QRコード

QR

検索フォーム

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -