FC2ブログ

シャンティ

平安でありますように

大統領による大暴露&最高裁国民審査の注意点

  1. 2017/10/15(日) 16:42:38_
  2. diary
10月1日に起きた、ラスベガスの銃撃事件。


ラスベガス心理作戦の驚くべき真相  より引用
http://www.dcsociety.org/2012/info2012/171009.pdf

ラスベガス事件のイルミナティ・カードが存在し、
それが主演ミュージシャンの入れ墨に 一致することは、
この事件計画の重要性が 9・11 くらいに意識されていることの証拠である。

4c2caed10e98f_58244b.jpg 22141261_10210899780044275_6727632527648779455_n.jpg

あれは、「パール・ハーバー規模のものが必要」とされて、計画実行された。
(9・11 の 数年前から、ツインタワーへの衝突炎上と、ペンタゴンへの攻撃の、
2 枚のイルミナティ・カードがあったことはご存じであろう。)

022.gif 018.png


彼らイルミナティが大規模テロをやるときには、何らかの形で予告しなければならない、
それが掟になっていると言われる。
彼らは数値やシ ンボルを重要視する。J=10(10 月)、A=1(1 日)など。 <引用ここまで>

この事件が偽装テロだったことは、こちらで詳細がわかる。


 


✽~✽~✽

さらにカリフォルニアの山火事。
カリフォルニアの山火事は自然発生ではなく、気象兵器によるものだという情報があがっている。

ジム・ストーン(フリーランス・ジャーナリスト)より

カリフォルニアの山火事に関して
ネット上に流されている様々な情報(映像や住民のメッセージを含む)を調査した結果、
この山火事は自然に発生したのではなく大気中で作動する兵器を使って人工的に発生させたものだ
ということが分かりました。
(略)
気象兵器が使われていないと発生しないような現象があちこちで起きていたのです。
気象兵器は、複数の送信機から空気中に段階的に異なるEM波を送ることで
お互いに打ち消し合う衝突帯を発生させ、半導体の役割を果たす空気中で電位を落とさせます。

これはトランジスタをバイアスすることと同じ原理です。
バイアス磁場を加えることで半導体は問題なく伝導を開始しますから、
その時に制御されたやり方でドープ剤の添加を行います。

シリコンに添加するドープ剤はヒ素とホウ素です
。空気中に添加するドープ剤はケムトレイルで噴霧されます。
強い電圧が半導体に加えられると爆発が起きます。それが稲妻です。
しかし通常、気象工学及び地球工学ではこのような現象は起きないようにしています。

しかし今回は、カリフォルニアの上空で過電圧による同様の現象が多くの人々によって目撃されました。
そしてそれが数々の現象を発生させたのです。 <以下略>


-----------------
ベンジャミンフルフォード氏のレポート英語版(10/9)でも、日本や世界や宇宙の動向さんでも、
いま、あちこちで囁かれている、アメリカでの不穏な動き。
大量の武装車両を見ることが多くなっており、戦闘態勢が垣間見え、何かとんでもないことが起きそうで、
不気味だと多くの人が伝えているようだ。
アメリカはすでに内戦がかなり激しくなっているようだし、何だろう、と思っていたら、
なになに? という記事発見。

ホワイトハウスのインサイダーから出てきた話で、
近々トランプ大統領は、ブッシュ・シニア以来の数々の大陰謀を暴く計画があるという。
本格的なデイスクロージャーだ。

9・11 を含む大きな陰謀や、ハリウッドのペドフィリア についての詳細など含む
トランプさんの 3つの暴露は、FBI、CIA、および IRS(米内国歳入庁)に関わることにな り、
これらの部局のすべてが“崩壊する”であろう、と書かれている。

先日のベガス銃撃や長引いた巨大ハリケーンの類、メデイアの半端ないトランプ批判などは、
トランプさんのこの生演説を妨害するためであるという。

この話を翻訳している方は、こうも書いている。

「【訳者注】
もしこれが実現すれば、米史上初めて、大統領による自国政府への宣戦布告になるはずである。
ただ実現すればの話で、トランプはその前に暗殺されるかもしれず、何か、
もっとひどいことが起こるかもしれない。
しかし、このインサイダーのような人が、大胆にこ の よ う な 発表を す る と い う こ と は 、
勝 算 が あ る か ら で あ ろ う 。
( 参 考 : http://www.dcsociety.org/2012/info2012/170221.pdf


我々から見ても、トランプがいつまでも敵だけに囲まれているとは思えない。
“アノニマス”が暗躍していることは、だいぶ前から知られていた。
ここに書かれているように、トランプは、アメリカ国民が少なくともブッシュ・シニア以来、
知らずに、どんな国に住んでいたのかを、誰にもわかり易く説明するであろう。

成功を祈るばかりだが、どんな展開になるか不安である。
内戦になるとしても、 そこを避けて通ることはできない。

日本のメディアにお願いする。
これが実現した場合、アメリカの新聞通りに、「 悪いのはトランプだ、混乱は彼の責任だ」などと
馬鹿なことを言わないでいただきたい。
それではあ まりにも情けないだけでなく、日本が、人類の敵の仲間入りを世界に宣言することになる。

<ここまで>


ざっくり掻い摘んだが、詳しくは↓こちらに書かれている。

ホワイトハウス・インサイダー: トランプは、ラスベガスの背後を暴く予定

大統領は国民に対するなま演説で、この大陰謀を明らかにする計画
http://www.dcsociety.org/2012/info2012/171010.pdf" target="_blank" title=" http://www.dcsociety.org/2012/info2012/171010.pdf"> http://www.dcsociety.org/2012/info2012/171010.pdf



✽~✽


さて話を日本に戻し。
10月22日の選挙では最高裁裁判官の国民審査も行われる。

専門的な知識があるわけでもない一般ピーポーの私などは、比較など尚のこと できない。
わからない人たちにとって、7名の候補者のだれを選ぶかなど、
よく分からないし、たいして大差はないように思ってしまい、
何も記載せずそのまま投票してしまいがちだ。

ところがこれが、大きな落とし穴。
何も書かないと、なんと信任票になってしまうのだ。つまり認めるということ。
それから、○や△など、×以外を書くと全体が無効となってしまう。
信任できない裁判官には、一人ひとりに×印をつけるようにするか、
判断ができないときには、投票用紙を受け取らないようにするように気をつければならない。

因みに、この7名の中には「加計学園監事」に就任していた人物がいたり、
弁護士として1件の事件も担当していない人もいる。
下に少し詳しいことを転載させていただきたいと思う。


地球座
http://chikyuza.net/archives/77390

最高裁裁判官の国民審査では、全員に×を    より引用 
2017年 10月 14日
<澤藤統一郎(さわふじとういちろう):弁護士>

以下に、国民審査の趣旨や各裁判官の関与判決、投票上の注意などについて、
その内容を抜粋して紹介するが、まずは私的な見解から。

今回の国民審査に付される最高裁裁判官は、下記の7人。
その全てが、安倍内閣の任命によるものである。

 大谷直人(おおたに なおと)裁判官出身(最高裁事務総長)
 木澤克之(きざわ かつゆき)弁護士出身
 山口 厚(やまぐち あつし)学者・弁護士出身
 林 景一(はやし けいいち)行政官出身(外交官)
 小池 裕(こいけ ひろし)裁判官出身(東京高裁長官)
 菅野博之(かんの ひろゆき)裁判官出身(大阪高裁長官)
 戸倉三郎(とくら さぶろう)裁判官出身(最高裁事務総長)


結論から言えば、素晴らしい裁判官は一人もいない。
気骨のある人物も見あたらない。
比較的リベラルと評価すべき者もない。
毎回何人かは、×とすることを躊躇させる裁判官がいるものだが、今回に限っては見あたらない。
遠慮なく全員に×をつけてしかるべきだろう。

権力に対するチェック機能の弱い裁判所の姿勢への総体的な批判として、
全裁判官に×をつけての投票をしたい。


中で経歴や任命方法に大きな問題あるのが、次の2名。

2016年7月任命された木澤克之氏は、2013年「加計学園監事」に就任していた人物。
弁護士出身で日弁連の推薦リストにも入っていたそうではあるが。
安倍批判の矛先がこの人に向かうことは避けられない。

山口厚氏は、著名な刑法学者(東大名誉教授)だが、
2016年弁護士登録し、2017年「弁護士枠」で最高裁に入った。日弁連の推薦はない。
弁護士として1件の事件も担当していない人を「弁護士枠」(15名中4名)で任命してよいはずがなかろう。

判決内容に問題なのは次の事件の関与裁判官。
※厚木基地の周辺住民が、騒音被害を理由として夜間の自衛隊機の運航差止を求めた訴訟について、
住民の被害の深刻さを認めながら、防衛大臣の自衛隊機の運航にかかる権限の行使には
広範な裁量があり、「それが社会通念に照らし著しく妥当性を欠くものと認められるか否かという観点から
審査を行うのが相当」であるところ、
自衛隊機の運航は我が国の平和と安全、国民の生命、身体、財産等の保護の観点から
極めて重要な役割を果たしており公共性、公益性があり、他方で住民の被害を軽減するための
対策措置が講じられている事情を「総合考慮」すれば、防衛大臣の権限行使は違法でないとして、
差止を認めた1審・2審判決を取り消し、差止請求を棄却した。

この恐るべき判決を書いたのは、大谷・小池・木澤の各裁判官
※国土交通大臣が沖縄県知事を被告として提訴した辺野古新基地建設に関する訴訟の上告審では、
第二小法廷の全員が国の肩をもった判断をしている。その中の一人が、菅野裁判官

**************************************************************************

(日民協リーフから)
最高裁は、憲法の番人として人権の砦たれ
憲法の危機がせまっています。最高裁は、どう向かいあってきているのでしょうか?
忖度がまかりとおる政治の私物化に、最高裁が人権の最後の砦として、
その、チェック機能を発揮しているのでしょうか?


私たちには  最高裁裁判官をやめさせる権利があります。
憲法と人権をないがしろにする裁判官には、×を
政府や大企業にいいなりの裁判官には、×を
国民審査とは… 私たちの憲法は、立法・行政・司法の三権分立を原則としています。
裁判所は、違憲立法審査権を持ち、「憲法の番人」「人権の砦」の役割が課されています。

とりわけ裁判所の頂点に立つ最高裁判所は、重要な憲法解釈・法律解釈を担うほか、
全国の下級裁判所裁判官の任命権を持っており、その権限と役割は重大です。

憲法上、最高裁判所の裁判官(定員15名・定年70歳)の任命権は内閣にあります。
このように、最高裁裁判官の人事は時の政府によって独占されている上、密室で行われるため、
時として、政府に迎合したり、国民の常識からかけ離れた判決を下すような裁判官が生まれる危険性があります。

国民審査は、このような危険性をふまえ、内閣が任命した最高裁裁判官が適任であるかどうかを、
主権者である私たち国民が審査し、不適格な裁判官を罷免することができる制度です(憲法79条)。

最高裁判所の裁判官は、その任命後最初に行われる衆議院議員総選挙の際に国民審査に付され、
その後10年を経過した後の最初の総選挙の際さらに審査に付されます。
そして、この審査において、投票者の過半数が罷免すべきだとした裁判官は辞めさせられるのです。

いま憲法は危機の時代にあります。
忖度政治がまかりとおっています。
最高裁裁判所が憲法の番人として、人権の砦として、司法本来の機能をはたせるように、
国民審査の重要性は高まっています。
 

国民審査の問題点・注意点

■投票方法

現行の国民審査は、1枚の投票用紙に対象裁判官全員の氏名が印刷され、
罷免したい個々の裁判官ごとに「..」をつける仕組みですが、
分からないから棄権するつもりで何も書かなかった投票は、
全て「信任」とみなされるという重大な問題があります。

棄権したい場合、投票用紙を受け取らないことはできますが、
投票用紙は1枚なので、裁判官ごとに信任・罷免・棄権を分けて投票することは不可能です。
また、「×」以外の記載は認められず、
「〇」などをつけるとその投票用紙は丸ごと無効票にされるという問題もあります。


■衆議院選挙と同様の期日前投票・在外投票が可能に!

前回(2014年12月)までは、国民審査の期日前投票は投票日の7日前からしかできませんでしたが、
2016年12月の法改正により、今回の国民審査から、総選挙の公示日の翌日
(投票日の11日前・今年は10月11日.)からできるようになりました。
不在者投票・海外からの投票(在外投票)も可能です。
また、今回の国民審査から18歳以上の方は投票できます。投票に行きましょう!
 

投票上の注意点

1 信任できない裁判官には一人ひとりに×印をつけましょう。
2 何も書かないと、なんと信任票になってしまいます。
3 ○や△など、×以外を書くと全体が無効となってしまいます。要注意!
4 信任か不信任か、判断ができないときには、投票用紙を受け取らないようにしましょう。
(2017年10月13日)


初出:「澤藤統一郎の憲法日記」2017.10.13より許可を得て転載
http://article9.jp/wordpress/?p=9316
〈記事出典コード〉サイトちきゅう座  http://chikyuza.net/
〔opinion7030:171014〕

<引用ここまで>
---------------------------
テーマ : 暮らしを楽しむ♪♪    ジャンル : 日記



蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)

美しき緑の星

最新記事

QRコード

QR

検索フォーム

« 2018 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -