FC2ブログ

シャンティ

平安でありますように

日本を支配する“憲法より上の法”の正体&不審事故他

  1. 2018/09/02(日) 15:31:06_
  2. diary
世界の気象は今まで見たこともない様相をみせているようだ。
北半球の狂気的な暑さのみにとどまらず、極端な寒気から真夏の大雪情報も
各国で発せられていることを「地球の記録」が伝えている。

更に先月の8月中旬からは、世界中で規模の大きな地震が突如増え始めているようだ。
8月中旬以降のM6以上の地震が19回、しかもそれがほとんど環太平洋火山帯で起きている。

今後、来年2019年にかけ、地震が増える可能性が高いと見ているInDeepのオカさんは、
「巨大地震と火山噴火が起きる本当の理由は、宇宙線の増加と太陽活動の低下」という、
ハンガリーの科学者による科学記事の翻訳を書いているが、現在はその時期にはいっているのだ。



 



✽~✽~✽

さて、今日は縄文記事は次回にしてでも、どうしても記録しておきたいものが2つある。

まずひとつめ。
長い間国民を悩ます「沖縄の基地問題」と「原発」に関し、いつまで経っても解決の方向性がみえてこない。
その理由のひとつであろう日本政府の、驚くべき実体を知ることになった、矢部宏治氏の著書
 『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』 は、4年前に刊行され、
この本に書かれた内容を、最近私もネットで目にするようになった。

矢部氏へのインタビュー記事を読むことで、
辺野古基地問題を長引かす米軍と日本の官僚の体質、そして、
「日米原子力協定」のもと、日本には原発をやめる決定権がないことなど、
信じられないような日米間の協定があって、結果、司法も検察も米軍のご都合のまま、
国民を守る憲法さえ米軍の支配下にあるようなもの、ということなどが読み取れる。


★阿修羅♪
投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 11 月 04 日
日本を支配する“憲法より上の法”の正体とは?(週プレNEWS)
http://www.asyura2.com/14/senkyo173/msg/859.htmlより抜粋

日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか? 

太平洋戦争で焼け野原と化した国土を世界有数の経済大国へと復興し、
間もなく戦後70年を迎えようとしている日本が、今も対米従属のくびきから逃れられない本当の理由……。

そして、この国がいまだに「独立国」ですらないという衝撃の事実を、
日米間の条約や公文書などの「事実」を足がかりに明らかにする本書は、多くの「普通の日本人」にとって、
文字どおり「目からウロコ」の体験をもたらしてくれる一冊だ。
矢部氏に聞いた。


第2次世界大戦後の世界は、軍事力よりもむしろ条約や協定といった
「法的な枠組み」によって支配されていることがわかってきた。

■日本国憲法より上の「法の支配」とは
矢部 
具体的な例を挙げましょう、
例えば米軍の飛行機は日本の上空をどんな高さで飛んでもいいことになっています。
なので沖縄に行くと米軍機が住宅地の上を信じられないような低空でブンブンと飛んでいる。

もちろん、日本には航空機の運航について定めた「航空法」が存在します。
ところが、日米地位協定の実施に伴う「航空特例法」というのがあり、
そこには「米軍機と国連軍機およびその航空機に乗り組んでその運航に従事する者については、
航空法第六章の規定は政令で定めるものを除き、適用しない」と明記してあるのです。

つまり、「最低高度」や「制限速度」「飛行禁止区域」などを定めた
航空法第六章の43もの条文が米軍機には適用されない! 

「米軍機は高度も安全も何も守らずに日本全国の空を飛んでいいことが法律で決まっている」
という驚愕(きょうがく)の事実です。
要するに日本の空は今でも100%、米軍の占領下にあるのです。

ただし、沖縄の米軍機は日本の住宅地の上を超低空で飛ぶことはあっても、
米軍住宅の上を低空で飛ぶことはありません。
なぜならそれは危険であるとして、アメリカの法律で禁じられているからです。


―日本の航空法は無視してもいいけれど、アメリカの航空法はきちんと守っていると。
矢部 
空だけではありません。実は地上も潜在的には100%占領されています。
例えば、2004年に起きた沖縄国際大への米軍ヘリ墜落事件。
訓練中の米軍ヘリが沖縄国際大学に墜落し爆発炎上した際、
米軍は一方的に事故現場を封鎖してしまいましたが、実はこれも「合法」なのです。

なぜなら日米間には1953年に合意した「日本国の当局は(略)所在地のいかんを問わず、
合衆国の財産について捜索、差し押さえ、または検証を行なう権利を行使しない」という取り決めがあり、
それが現在でも有効だからです。

つまり、アメリカ政府の財産がある場所はどこでも一瞬にして治外法権エリアになり得る。
墜落したヘリの残骸や破片が「アメリカの財産」だと見なされれば、それがある場所で米軍はなんでもできるし、
日本の警察や消防は何もできないのです。


―日本の憲法や法律が及ばない場所が突如、現れる?
矢部 
そこが最大の問題です。いくら条約は守らなければならないと言っても
、国民の人権がそのように侵害されていいはずがない。
条約は一般の法律よりも強いが、憲法よりは弱い。
これが本来の「法治国家」の姿です。

ところが1959年に在日米軍の存在が憲法違反かどうかをめぐって争われた砂川裁判で、
最高裁(田中耕太郎・最高裁長官)が「日米安保条約のような高度な政治的問題については、
最高裁は憲法判断しない」という、とんでもない判決を出してしまいます。


しかも、この裁判の全プロセスが、実はアメリカ政府の指示と誘導に基づいて進められたことが近年、
アメリカの公文書によって明らかになっています。
結局、この「砂川判決」によって、日米安保条約とそれに関する日米間の取り決めが
「憲法」にすら優先するという構図が法的に確定
してしまった。

敗戦後、日本政府がアメリカ政府に従わされたように、この判決以降、
「憲法を含む日本の国内法」が「アメリカとの軍事条約」の下に固定化されてしまった。
つまり、日本の上空どころか、憲法を含んだ日本の「法体系」そのものが
いまだに米軍の支配下にあると言っても過言ではないのです。



■戦後日本を陰で操る日米合同委員会
矢部 
ちなみに、安保条約の条文は全部で10ヵ条しかありませんが、
その下には在日米軍の法的な特権について定めた日米地位協定がある。
さらにその日米地位協定に基づき、在日米軍をどのように運用するかに関して、
日本の官僚と米軍が60年以上にわたって、毎月会議(現在は月2回)を行なっています。

これが「日米合同委員会」という名の組織で、いわば日本の「闇の心臓部(ハート・オブ・ダークネス)」。
ここで彼らが第2次世界大戦後も維持された米軍の特殊権益について、さまざまな取り決めを結んできたのです。

しかも、この日米合同委員会での合意事項は原則的に非公開で、
その一部は議事録にも残らない、いわゆる「密約」です。また、この日米合同委員会のメンバーを経験した
法務官僚の多くが、その後、法務省事務次官を経て検事総長に就任しています。

つまり、この日米合同委員会が事実上、検事総長のポストを握っていて、
その検事総長は米軍の意向に反抗する人間を攻撃し潰していくという構造がある。



―民主党政権時に小沢一郎氏が検察のターゲットになったり、鳩山由紀夫氏の政治資金問題が
浮上したりしたのも、もしかしたら彼らや民主党政権が都合の悪い存在だったのかもしれませんね……。
検事総長という重要ポストをこの組織のメンバーが押さえ続けることで、先ほどの話にあった
「軍事力ではなく法で支配する」構造が維持されているというわけですね。

矢部 
ただし、この仕組みは「アメリカがつくり上げた」というより、
「米軍」と「日本の官僚組織」のコラボによって生まれたと言ったほうが正しい
と思います。

アメリカといっても決して一枚岩じゃなく、国務省と国防省・米軍の間には常に大きな対立が存在します。
実は国務省(日本でいう外務省)の良識派は、こうした米軍の違法な「占領の継続」にはずっと反対してるんです。
当然です。誰が見てもおかしなことをやっているんですから。

しかし60年も続いているから、複雑すぎて手が出せなくなっている。
まともなアメリカの外交官なら、みんな思っていますよ。「
日本人はなぜ、これほど一方的な従属関係を受け入れ続けているのだろう?」と。

考えてみてください。
世界でも有数といわれる美しい海岸(辺野古)に、自分たちの税金で外国軍の基地を造ろうとしている。
本当にメチャクチャな話ですよ。
でも利権を持つ軍部から「イイんだよ。
あいつらがそれでイイって言ってるんだから」と言われたら、国務省側は黙るしかない。



―基地問題だけでなく、原発の問題も基本的に同じ構図だと考えればいいのでしょうか?

矢部 
こちらも基本的には軍事マターだと考えればいいと思います。
日米間に「日米原子力協定」というものがあって、原子力政策については
「アメリカ側の了承がないと、日本の意向だけでは絶対にやめられない」ようになっているんです。


しかも、この協定、第十六条三項には、
この協定が停止、終了した後も(ほとんどの条文は)引き続き効力を有する」ということが書いてある。
これなんか、もう「不思議の国の協定」というしかない……。


―協定の停止または終了後もその内容が引き続き効力を有するって、スゴイですね。

矢部 
で、最悪なのは、震災から1年3ヵ月後に改正された原子力基本法で
「原子力利用の安全の確保については、我が国の安全保障に資することを目的として」と、
するりと「安全保障」という項目をすべり込ませてきたことです。
なぜ「安全保障」が出てくるかといえば、さっきの「砂川裁判」と同じで
「安全保障」が入るだけで、もう最高裁は憲法判断できなくなる。



■日本がアメリカから独立するためになすべきことは?―しかも、「安全保障」に関わるとして
原発関連の情報が特定秘密保護法の対象になれば、もう誰も原発問題には手が出せなくなると。


矢部 
そういうことです!

―日本が本当の意味で「独立」する道はないのでしょうか?

矢部 
第2次世界大戦の敗戦国である日本とドイツは、国連憲章のいわゆる「敵国条項」で国際法上、
最下層の地位にあるわけです。しかし、戦後、ドイツは周辺諸国との融和を図り信頼を得ることで、
事実上、敵国的な地位を脱したと見なされるようになりました。

それがあったから、ドイツは冷戦終結後、90年に第2次世界大戦の戦勝4ヵ国(英米仏ロ)との間で
講和条約(「2プラス4条約」)を結んで、東西ドイツの再統一を実現することができたのです。

そしてその条約に基づき、94年までに国内にいた駐留軍としての英米仏ロの軍隊を撤退させることができた。
現在ドイツ内にいる米軍はNATO軍として駐留しているもので、その行動については
全面的にドイツの国内法が適用されています。

なので、僕はドイツが戦後、真の意味で独立したのは1994年だと思っています。
つまり、ドイツも独立するまでに49年もかかった
日本もまだ事実上の占領状態にあるとしたら、今からでも同じことをやればいい。

また長い間、アメリカの“軍事占領下”にあったフィリピンも、上院で憲法改正を議論して、
1991年に米軍基地の完全撤退を実現
しています。

日本はドイツとフィリピンというふたつのモデルがあるわけですから、そこから学んで
やるべきことを淡々とやっていけばいい。現状では「憲法改正による外国軍撤退」という、
やや過激に見えるが実はオーソドックスなフィリピンモデルをカードに持ちながら
「周辺諸国との和解を実現した上での、新条約締結による外国軍撤退」という
ドイツモデルを目指せばいいと思います。

後者については、国務省の良識派は絶対に喜ぶはずです。
ところが現在の安倍政権は周辺諸国との緊張感をいたずらに高め、
書店の店頭には「嫌韓・嫌中本」が氾濫(はんらん)している。
まるで真逆の出来事が急激に起こり始めているのです。
それこそが「日本の主権回復」を阻む最悪の道
だということをどうしても言いたくて、この本を書きました。

(取材・文/川喜田 研 撮影/池之平昌信)
●矢部宏治(やべ・こうじ)
1960年生まれ、兵庫県出身。書籍情報社代表。
著書に『本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド』、
共著に『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」』など
■『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』  集英社 1200円+税

<抜粋ここまで>
-----------------------
上の詳細は、国民が知っていなければならない事実だ。


そしてふたつめ。
国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」が28日付で大々的な声明を出した件。

いま巷では「#ケチって火炎瓶」のツイートが話題を呼び大炎上している。
その後2種の類い#が出たが、すぐ追いかけるように沈静化に躍起。
この「#ケチって火炎瓶」ハッシュタグ、なんと米国でも英文ハッシュタグに混じって
「#ケチって火炎瓶」が5位に躍り出ているというから、すでに海外でも燃えてるらしい。
お祭り騒ぎだ。

そうこうするしてるうちに今度は、国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」が
過去の山口県下関市長選を巡る安倍事務所の“火炎瓶騒動”を取材するジャーナリスト・
山岡俊介氏が遭った不審な転落事故について、当局による捜査を要請する声明を出した。
これは世界中を駆け巡る記事となる。

追及者が不審事故 安倍首相“#ケチって火炎瓶”が世界に拡散   2018年8月31日
55730.jpg

国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団(RSF)」が28日付で
〈日本は、首相とヤクザの関係を調査するジャーナリストの不審な転落事故を捜査しなければならない〉
との声明を出した。
過去の山口県下関市長選を巡る安倍事務所の“火炎瓶騒動”を取材する
ジャーナリスト・山岡俊介氏が遭った不審な転落事故について、当局による捜査を要請。
安倍首相の過去の重大疑惑は、いよいよ世界の知るところとなった。

 火炎瓶騒動とは、1999年の市長選で、安倍事務所が支援候補を当選させるため、
暴力団に対立候補の中傷ビラまきを依頼し、500万円の報酬を300万円に値切ったため、
自宅に火炎瓶を投げ込まれたとされる事件だ。
国会でも指摘され、「#ケチって火炎瓶」のツイートが話題を呼び大炎上している。

 この事件を長年追及する山岡氏は8月7日夜9時ごろ、東京・新宿アルタから地下鉄駅に通じる階段上から転落。
肩を骨折し、額を7針縫う全治1カ月の大ケガを負った。山岡氏に当時の状況を聞いた。

「後ろから押された感覚はありませんが、当時、私は酔っていたわけでも、体調が悪かったわけでもありません。
体力には自信がある方ですから、普通なら踏ん張ったり何かにつかまろうとするはず。
ところが、救急車を呼んでくれた方によると、前転するように上から下まで真っ逆さまに転げ落ちたといいます。
私は過去に脅迫状を自宅に送り付けられたこともありますから、
今回の一件も何かしらの力が働いたと疑わざるを得ません」

55731_2.jpg

 RSFは声明で〈(山岡氏が)取材していた対象を考慮すると、
このような不自然な転落は本格的な捜査に値するが、現在行われていない〉と指摘。
〈日本のジャーナリストは、安倍首相が12年に政権を取って以来、
自分たちに対する不信と敵意の雰囲気があると不満を抱いている〉と、
安倍政権の報道に対する姿勢まで批判している。
世界に拡散しつつある「#ケチって火炎瓶」疑惑。このまま放置していいのか。

「『報道の自由度ランキング』を年1回、公表するRSFは
、第2次安倍政権の発足以降、日本のランク急落を憂慮しているのでしょう。
十数年前の事件とはいえ、安倍首相はキチンと釈明しなければ、国際社会に不信感を与えるだけです」
(高千穂大教授の五野井郁夫氏=国際政治学)

総裁選前だからと、ダンマリは許されまい。

<ここまで>
---------------------

このような不自然な転落であるにもかかわらず、警察は監視カメラがないというような理由で
捜査要請を断ったという。
こうした不審な情報をしょっちゅう目にするが、うやむやのまま終わらせることがずいぶん前から起きている。
安倍首相と暴力団との繋がりが国際的にも疑われる事態となった。

んなぁ、やっちゃんがらみのひとつやふたつで大騒ぎしすぎィ~ 
なんて思っちゃいけない。以下を注視すべし。
これは以前みた記事を記録しておいたもの。
あまりに数が多過ぎる・・・

これ以上増えないことを望みます。

ガラパゴス速報
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/
不審死を遂げた人物、もっと言えば「安倍政権に暗殺された疑いがある人物」の一覧が出回っています。
この記事では、不審死リストから、安倍政権との関わりが深い人物を選んで、
その背景や暗殺の疑いについて考察するツイートをまとめてみました。

安倍政権に関わって不審な死を遂げた人物一覧


• 1. 2006年 竹中省吾裁判官
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_1

• 2. 2006年 鈴木啓一 朝日新聞記者
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_2

• 3. 2007年 石井誠 読売新聞政治部記者
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_3

• 4. 2007年 松岡利勝農水相
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_4

• 5. 2007年 山崎進一緑資源機構元理事
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_5

• 6. 2013年 加賀美正人内閣情報調査室参事官
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_6

• 7. 2013年 ガチャ規制を推進していた神宮司史彦 消費者庁審議官
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_7

• 8. 2013年 神宮司史彦 消費者庁審議官
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_8

• 9. 2014年 岩路真樹 報道ステーションディレクター
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_9

• 10. 2015年 神原紀之内閣参事
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_10

• 11. 2016年 自民党山田賢司議員の秘書
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_11

• 12. 2016年 UR所管国交省職員
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_12

• 13. 2017年 秋山肇社長
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_13

• 14. 2018年 赤木俊夫 近畿財務局上席国有財産管理官
https://galapgs.com/economics/politics/domestic/abeseiken-fushinshi/#toc_id_14







蝶が舞い花の色が変わるブログパーツ(Twitter連携可)

美しき緑の星

最新記事

QRコード

QR

検索フォーム

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -